初めましての方も、そうでない方も、改めて自己紹介をさせていただきたいと思います。

占い屋・ムムと申します。
Twitterアカウント↓
https://twitter.com/mmfuturetelling

下記に簡単なプロフィールと略歴、私の占い理念をご紹介します。

※ココナラ様での占い実績一例(最終更新日・2020年5月19日)
ECEDA5BC-D15C-4A8B-8027-0B3552DDC889


***********************
占いWEB鑑定のご依頼はこちらまで
1件500円〜
***********************


★占い師になったきっかけ

私は、重度の占い中毒・占い依存でした。

悩みがあればすぐに占い師に相談し、所持金が尽きれば、無料のお試し占いをハシゴし、手当たり次第、占いサービスを利用してまわりました。

しかしある時、ふと虚しさを覚えます。

「何度占いに通えど、一向に悩みが解消されない。」
「一時的に気分は良くなっても、またぶり返してしまう。」

占いは1鑑定およそ、3千円から5千円程度。
何度も繰り返し利用すれば、お金もどんどん減っていきます。

「自分の心を軽くするために占いへ通っているのに、一向に良くならないじゃないか。」

「所持金もどんどん減っていくし、とてももたない…。」

そのように、虚しさが湧いてきたのです。

しかし、私はそこでこう考えました。

「自分で占えるようになれば、占い師に頼らずとも、自分で悩みが解決できるようになるのでは?」

占いの入門書はおよそ数千円です。
「たった数千円の出費で、自分で自分のことを占えるようになる!これはコスパがいいぞ!」と考えました。
(しかし、占いの世界は奥が深く、入門書を数冊読んだ程度では到底、学びきることはできないのですが…笑)

その学ぶ過程で、占いの奥深さ・楽しさに触れ、テレビや雑誌でよくあるような、インスタントな星占いではなく、一歩踏み込んだ、よりディープな占いの世界を皆さまにお伝えすべく、占い師となりました。

★2016年11月 占い業開始

・細木数子氏の六星占術に興味を持つ

・石井ゆかり氏の携帯サイト『星読み』を購読し、占星学の深い世界に興味を持つ

・その後、様々な占星術師の著書を読み、独学で占星学を学ぶ。

・また、タロットやアストロダイス(占星学の知識を利用したダイス占い)へも興味の範囲を広げ、個人鑑定、および占いコラムの執筆を始める。
・ココナラ(知識・スキルのオンラインマーケット)内で占い鑑定を開始し、取引実績は187件に達する。*無料鑑定含む

・同サイトでの評価はほとんど、5段階中4以上の評点をいただき、一定の販売実績がある者に認定される、ブロンズランク・シルバーランク評価を受けた経歴がある。

・livedoorブログランキング(占いカテゴリ)にて、3位を獲得。

**

・タロット占いについては、カードの絵柄からストーリーを展開し、ご相談内容とリンクさせて(結びつけて)読み解く占断が特徴です。

・鑑定文を作成する際には、類語検索や辞書で単語の詳細な意味を調べるなどし、自身の解釈を忠実に表す言葉は何か?より相応しい言葉、より精度の高い言葉は何か?確認しながら執筆しています。

・また、占い師は星やカードなど、占いツールの媒体であるという考えを持っています。
→翻訳者や伝令(メッセンジャー)のようなイメージでしょうか?

・ご相談内容に善悪を付けて咎めたり、ご依頼主のおこないを責めることはありません。

《例えば…?》
バイトを初日から連絡もせず辞める。(いわゆるバックれ)
一般的にそれは、良くないこととされます。
しかしそれを「なぜあなたは1日で辞めたの?良くないことでしょう?」と責めることはありません。

それは、悩み傷付いた状態にある方を救うのは、正論や道徳性ではなく、受容であると考えるからです。
それは肯定や擁護とも別のものです。

お悩みを冷静に受け止め、そして親身に向き合います。

また、霊感や透視能力、コールドリーディング(相手の外観や仕草などを観察し、相手の心理状態を当てる技術のようなもの)使わず、西洋占星術・タロットカードなど、占いの技法のみを使い、占いを行います。

**
私は、占い師が相談者の行動を指示(AではなくBを選びなさいなど)したり、結果のみを伝え、未来を断定しただけでは、お悩み解決への道としては、不十分と考えます。

占い師に全てを委ね、占い師の言う通りにするのでは、自分で何かを決断したり選び取る感覚が衰えてしまい、占い師無しでは生きられないようになってしまうでしょう。(俗に言う占い依存、占いジプシー。)

私は、そのような状態が健全なものとは思いません。

私が考える占い師の立ち位置とは、自転車の補助輪のようなものです。
補助輪は、自転車に乗れるようになる為の一時的な補助装置であり、「補助輪があるから、自力で自転車に乗れなくてもいいや。このまま公道にも出ちゃおう!」と、頼りきる道具ではないと考えます。

補助輪の存在は、自転車に乗れるようになったら忘れてしまうものでしょう。

しかし、一度自転車に乗れるようになれば、何度も転び、泣きながら、挫けそうになりながら練習した日々のことも忘れ、快適な生活を送ることができるようになります。

そのように、占い師も、一時的な手助け的存在であり、頼りきる道具ではないという考えから、ただ結果のみを伝える占いではなく、絵柄を解説してお伝えすることで、想像の余地を残し、クライアント様自ら、答えを見つける手がかりとして、私どもの占いをご利用いただければ幸いです。
**

現在は手元にない本も含め、これまで読んだ占いの本を以下に挙げてみました。

(順不問・敬称略)

『石井ゆかりの星占い教室のノート』
『星の交差点』石井ゆかり
『占星学』ルル・ラブア
『CD-ROM付 いちばんやさしい占星術』西條のゆり
『紫微斗数精義―あなただけの星マンダラ占星術 (実践講座)』鮑黎明
『もっと深く知りたい! 12星座占い (説話社占い選書6)』月星キレイ・芳垣宗久
『占星術が教えてくれる 相性のひみつ』キャメレオン竹田・松村潔
『増補改訂版 正統占星術入門』秋月さやか
『西洋占星術 星の階梯Ⅰ 天空の神秘』Kuni.Kawachi
『実習 占星学入門―ホロスコープの作り方と読み方』石川 源晃
『演習占星学入門―ホロスコープの考察と演習』石川 源晃
『詳解 月の正統西洋占星術』神谷充彦
『英国式占星術』ジョナサン・ケイナー
『図解 西洋占星術 (F-Files No.019)』羽仁 礼
『Disney ヴィランズ占い
〜あなたの心の闇を映す魔法の鏡~』鏡リュウジ
『タロットの秘密』鏡リュウジ
『鏡リュウジ 星のワークブック【相性編】』
『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』LUA



クライアント様のお悩みを否定することなく、解決のヒントを一緒にお探しするサポーターを目指し、日々研鑽を積んでおります。